読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビッグ釧路店

釧路賃貸不動産情報を発信する、ビッグ釧路店のスタッフが不動産の情報は勿論!!イベント情報や日常の出来事などを毎日ブログでお届けいたします。

武士道とは死ぬ事とみつけたり。

 

 

こんにちは

 

 

 

 

 

営業部の松山です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、皆様一度は耳にしたことがあるであろうこの名言。

 

 

 

 

 

『武士道とは死ぬ事とみつけたり。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私は、この言葉の意味をそのまま文面通り?に捉え、

 

 

 

 『武士であるもの死ぬのが当然、戦いまくってればそりゃあ死ぬさ~』

 

 

 

 

 

 ぐらいの意味の言葉だと思っておりました。

f:id:bigkushirohonten:20161021143510j:plain

 

 

 

 

 先日、とあるセミナーで頂いた資料の中に、

 

 この言葉を現代に生きる我々はどう考えるのか

 

 

という様な内容だった様な記事がございました。

 

 

 

 

 そもそもこの文は、山本常朝の『葉隠れ』の一節です。

 

 武士道というは死ぬことと見付けたり。二つ二つの場にて早く死ぬ方を片付くばかりなり。
 別に子細無し、胸を座って進むなり。
図に当たらなぬは犬死になどと言う事は上方風の打ち上がりたる武道なるべし。
二つ二つの場にて図に当たるようにするには及ばぬ事なり。
我人、生くるほうが好きなり。多分好きな方に理が付くべし。
もし図が外れて生きたらば腰抜けなり、この境危うきなり~

 

 

 とまぁこのように続く訳ですが、

 

 出だしが峻烈すぎる印象の為、

 

 『武士道とは死ぬことと見付けたり』

 

 という1フレーズだけ御存知の方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 そもそも、私たちは武士ではござりませぬので、

 

 

 

 武士道とは何ぞやとゆふものについて

 

 

 

 理解しがたいものがあるのかもしれません。

 

 

 

 先ず、私たちは現代この日本社会において、

 

 日々、「生か死」かを問われる日常を過ごされている方は、

 

 

 あまりいらっしゃらないと思います…

 

 

 ただ、この言葉の意味をひも解くと、

 

 現代における私たちにとっても

 

 考えさせられるような意味のある、言葉でした。

 

 

 

 簡単に言うと、

 

 『死んでも、後悔しない道だけを選べ。』

 

 

 ということだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  多分。。。

 

 

 

  日々生きていく中で、そのように生き抜くことはとても難しいことだと思います。

 

 

 

 

  楽な方の道を選んだり、

 

 

 

  生き残る道を選んだり、

 

 

  無難な道を選んだり、

 

 

 

  一番に、『この道を選んで、後悔はしないか?』

 

 

 

 

  を考える生き方というのは非常に難しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    ようするに私がなにを伝えたいのかと言うと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  あ、もう時間なので失礼します…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  では!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村