読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビッグ釧路店

釧路賃貸不動産情報を発信する、ビッグ釧路店のスタッフが不動産の情報は勿論!!イベント情報や日常の出来事などを毎日ブログでお届けいたします。

『BUSHIDOU』  シリーズパートⅡ

営業部 松山

 

こんにちは

 

 

 

 

 

営業部の松山です。

 

 

今回は、前回に引き続き、

 

 

 

女性読者にも大好評!!

 

 

ダトイイナ…

 

 

 

『BUSHIDOU』

    名言シリーズ第二弾をお送りしたいと思います(^-^)

 

f:id:bigkushirohonten:20161104104153j:plain

 

 

 

 

『必死に生きてこそ、

    その生涯は光を放つ』

                    織田 信長

 

 

 

 『いくら考えても、

  どうにもならぬときは、

    四つ辻へ立って、

      杖の倒れたほうへ歩む』

                     徳川 家康

 

 

 

 『大義を思うものは、

  首をはねられる瞬間まで

       一命を惜しむものだ』

                     石田 三成

 

  『逃げるは恥だが、

        役に立つ』

                      星〇 源

 

 

 

  『一道万芸に通ず』

                    宮本 武蔵

 

 

  『茶器を割ったのではない。

    自分の器量の小ささを割ったのだ』

                    伊達 政宗

 

 

 

   『人間は不遇になった時、

    はじめて友情の

      なんたるかを知るものだ』

                    前田 利家

 

 

     『我、おもふ 

       故に鼻メガネ

                    鼻 メガネ

 

 

 

 

 

    『私の生くる道は、

       PPAPと見つけたり』

                    鼻 メガネ

 

 

 

 

 

今まで培われてきた叡智は先人たちより学べということで、

 

 

 

色々な言葉が残されているのですね。

 

 

 

 

 

 

 

但、

 

 

それを生かすも殺すも

 

実践するもしないも

 

 

 

 

自分自身と言うことでしょう。

 

 

 

 

 

よく、信長が好んで舞うと言われた

 『人間五十年~』という下りがありますが、

(現在は、80年くらいでしょうか)

 

 

自分自身で経験出来る事、

学べることについては限界が有るのかもしれません。

人生には期限があるので。

 

 

 

先人たちの教えを紐解いていき、

自分自身の糧に出来るのであれば、

 

 

より有意義な人生を送れるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、何が言いたいのかというと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日ハム

  感動を有難う!!!

 

 

 

 

 

 

 

一番しびれたのは、

第六戦のバースのタイムリーヒットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村